【小学部】6年生の目標

教育目標  > 6年生の目標

小学6年生の指導目標

 

小学6年生は最終学年なので、下記の2点を大きな学習目標とします。

  1. 小学校で学習した内容の復習、確認、総まとめ。
  2. 物語を先ず読解出来る力と、豊富な語彙で自分の理解を文章に構成し、相手に分かり易く表現出来る作文力の養成を最重点とする。

中学の学習内容は小学校に比べて急に難しくなるので、このギャップを少しでも埋めておく為、上記をベースに中学進学への準備をする。

 

国語

  • 読解力の向上

物語文を繰り返して音読し、登場人物の考え方、生き方、あるいは作者の意図などを 理解して読み方に反映出来る。

説明文を読み、書き手の意図、重要なポインをおさえられる。

  • 漢字、語彙力の強化

毎週、次の週の学習範囲から、分からない漢字、言葉を拾い出して読みと意味を調べられる。

  • 作文力の向上

新しい言葉の意味を理解し、正しい用法で短文に作れる。

自分の思いや感動等を正しい文章で作文の書式に従い原稿用紙3枚程度に書ける。

  • 暗誦

平家物語、枕草子、竹取物語、春暁、春宵等々、古典や漢詩の優れた作品を暗誦し、日本語の美しさ、独特のリズム、語感などが理解出来る。

暗誦を通して文章構成力を養う事が出来る。

  • 日本の歴史、文化、地理などの学習

教科書の内容に沿って紹介する歴史、文化、地理等がよく理解出来る。

 

漢字検定:5級合格を目標とする。

 

算数

算数は基本的には国語学習の一助という考えに基づき学習する。

文章題、図形、比率などを主とし学習し、日本語で書かれた問題の内容をよく理解し、理論だって物事を考える事が出来る。